2016年4月23日土曜日

このしゅんかんだけ。

この瞬間だけ。
胡の春寒茸。




先日の下北沢CLUB Queでのライヴ。

観に来てくれた方々どうもありがとう。
楽しんでもらえたかな。
前回よりも全体的な熱量は良いバランスでやれた気はするのだけど。

まあ、あれだね。

普段ライヴハウスにあまり来ないような女子高生たちを虜に出来ないようじゃまだまだですね。

くそー、俺も○ャニーズ入っておけば良かった。

穿いているスキニーはハニーズなんだけどね。

ううむ。

もっと圧倒的なパワーを身につけなければ。
やっぱり筋トレかなあ。
昔はベンチプレス150キロ上げていたんだけどなあ。
こう見えて昔はアメフトやっていましたから。
フィジカルの鬼、伊藤と恐れられていましたから。
から。


本当に。嘘じゃないってー。


...真面目なハナシ、もっと頑張ります。

あたらしい曲も作ります。
お楽しみに。



・・・



夕べはhotspringのワンマンライヴを観に行った。

前日自分たちが出演した下北沢CLUB Queに。
スタッフの方々に「また来たよ、コイツ」とか思われていないか心配でしたが、きっとまあ大丈夫でしょう。




...ライヴはもう最高すぎました。

ほんとうに涙出た。
ギターの三浦くんの東京ラストワンマンだもん.。
ほんとうにグッときたよ。
hotspringのようなどこまでもまっすぐで余計な小細工無しのバンドを観ると、やっぱりこれが最強だよな、と思う。

おしゃれ気取りの今どきのバンドなんかより、伝わる熱量がぜんぜん違うんだよね。

男に生まれたならわかるだろ?っていう感じなんだけど。

正直、hotspringには売れて欲しいと思ったね。

普段あんまりそういうこと思わないのだけど。

きっとなにかが俺のなかで変わったのだろう。


うん。

ほんとうにいいライヴだった。





・・・




あれ

なんか


褒めすぎたかな

いや

まあ



いっか


イノクチくんまたカーボーイの話しましょうね。

あ、太田光と立川談志の「笑う超人」ってDVD知ってる?あれもすごいっすよ。
持っていなければ貸します。

どっちが先にハガキ読まれるか勝負ですね。



・・・






最近は良い音楽をたくさん聴いているので、心がはっぴーです。

でも、やっぱりむずむずしますね。
きっと、春なんだな。






せいしゅんはまだまだつづくよ。

がんばろうぜ。






2016年4月19日火曜日

日々の泡。

こんばんは。
エテーレーテレーです。

僕は前のバンドを始めた頃から、日々の生活で感じたこと(かっこつけた言い方ですね。)や、ライヴの内容(その日のセットリストや対バンまで)や、歌詞、読んだ本、観た映画の感想などをノートに書いておりまして、それを久々に読み返してみたんです。

ん~。
意外と過去の自分って馬鹿じゃないんだなあ、、、と。
自分で言うなって感じですけど。
ぼーっと日々過ごしていたかと思いきや意外と物事考えて生きていたのだなあ。

今の方があたま馬鹿になってないか、自分。
過去の自分にハッとさせられたでございますヨ。

前のバンドではたくさんライヴしていたみたい。
セットリストも毎回のライヴで平均10曲はやってる。
今では考えられませぬ。

「自分たちの音楽で感動したい」って当時のレーテレーくんは言っておりました。

うむ。たしかに。
良いこと言いますがな。

Cramptonの音楽に僕は日々感動している。
が!
まだまだ足りない。
もっともっともっと。
ゲロ吐くくらい感動したい。
ショック死ならぬ、感動死を僕はしたい。

明るい未来よ、はやく来い。




・・・




途中、音楽を辞めてお笑いを志していた時期のノートはなんだか面白いです。
全然面白くない謎のネタがたくさん書いてあります。
まだ誰もやってないことをやりたい、という思いばかり先行してかなりアレな感じになってました。
お恥ずかしい。
相方だったS氏は元気かのぉ。
今はテレビ局のADをやっているとかいないとか。
お互い売れてラジオやろうね。
ジャンクに殴り込み、だ。




・・・




当時のノートによると、昔は本をたくさん読んでいたみたい。
あの本はあの時期、あの地方で、あのライヴハウスで読んだなあ、とかよく覚えてる。
そういえば、Cramptonの天才ギタリストのおぬちゃん(僕は本気で彼のギターは天才だと思ってる。)とお互い前のバンドで対バンした時も、僕は楽屋でひとり本を読んでいて、こいつの世界観うぜえなあーと彼は思ったそうです。
こいつの隣でギター弾くくらいなら、梅雨時の満員電車の中で、サラリーマンの生乾きのシャツに窒息するくらい顔を埋めた方がマシだ、と言ったという説もあります。

人生何が起こるかわかりません。


本って良いよね。





・・・




そんなこんなで、次のライヴまでもうすぐです。

4/21(木)下北沢CLUB Que

恐らくこの日で会場限定シングル「神様の嫌がらせ/花いろのネオン」は売り切れになりそうです。
残り僅か。
再販もしない予定です。
近い将来プレミア間違い無しなので、持っていない方は早急にゲットしてください。
買わないと一生後悔します。
心の何処かにモヤモヤを感じたまま過ごさねばならなくなりますので、そうなりたくなければあの手この手を使いゲットしてください。
しくよろお願いします。

もう一度。

しくよろお願いします。(これ流行らないかなあ~ )

それではおやすみなさい。
朝になったらまた会いましょう。

2016年4月11日月曜日

やさしいことばで抱きしめて。

どうもこんにちは。伊藤陵太郎です。
僕はCramptonという素敵なバンドでボーカルをやっております26歳の男子です。

なまえはいとうりょうたろうと読みます。
陵という字はみささぎって打てば一発で出るよ。

この度Cramptonのホームページがオープンするということで、
Web上に日記を書くこととなりました。ぱちぱちぱち

まあ、ブログってやつですね。

僕たちCramptonというバンドはまだあまりライヴはやっていないのですが、
その類稀なセンスで巷じゃもう有名らしいです。
一度ライヴを観たらそれはもう大変です。
あまりのセクシーさに女子は勿論のこと、男子までもが皆発狂。
想像妊娠の嵐です。
きゃー。えっちー。変態ー。スケベー。げろげろー。ゲスの極みー。



・・・


 
おっと。失敬。ふざけちゃった。
なんてったってはじめてのブログでテンションがあがっているのです。
書きたいことがたくさんあるんだ。
好きな音楽のはなしとか、好きな芸人のはなしとか、好きなサッカー選手のはなしとか、外食するとき何故かいつも冒険して如何にも不味そうなお店に入っては、
案の定「はいっ、もう二度と行かない!」ってなるクソな料理店のはなしとか。(本当にこの間の新宿の喫茶店は酷かった!!!)
その他にもたくさん。


僕の敬愛する方々はみんな日記がおもしろいんです。
くだらなかったり、さっぱり意味がわからなかったり、ときにはじーんときたり。
そのすべてがドラマチックでぐっとくるんです。

音楽と一緒だなあ、って。
やっぱりどこかぐっとくるものがないとつまらないもの。
Cramptonではそういう音楽を追求していきたいな、と僕は思っております。
ただ外見だけオシャレで中身の無い音楽なんてくそくらえ、だ。

僕らはまだはじまったばかりで超無名のバンドだけど、
近い将来ぜったいに有名になってやるからなー。(覚えてろよ×××!)
まあ、いまはその準備段階なのです。




・・・




そんな僕らCrampton、先日下北沢Daisy Barにてライヴがありました。
観に来てくれた方々どうもありがとう。
パッションぶちまけた。
今まででいちばんのライヴが出来たと思う。
毎回そうでないといけないのだけどね。
一回一回が本当に勝負。このプレッシャーが嫌いだけど、好きなんだよなあ。
変なの。

そういえばこの日はバンドマンの友達がたくさん来てくれて嬉しかった。 

普段はなるべく人と会いたくない僕ですが、自分のライヴのときは別。
ワガママだねえ。。。

やっぱりバンドマンに褒められるのがいちばん嬉しい。

もっともっとがんばるよ。


次のライヴは4月21日(木)下北沢CLUB Queにて。

はじめてのハコだし、対バンも今までとはちょっと雰囲気が違うのかな。
絶対負けねえ。
この日記を読んだあなた、観に来てくれるよね…?
誰も来てくれないと寂しいからね。
バンドマンなんて寂しがりやで、自己中心的で、真性なかまってちゃんばかりなのです。(何を偉そうに。)
だからあなたの応援が必要なのです。
どうか伊藤陵太郎に清き一票を!



・・・




…とまあ、長々書きましたが気が向いたら是非一度ライヴにふらっと遊びに来てくださいな。

僕お酒飲めないけど、オレンジジュースで良ければ乾杯しましょう。

それでは。

これからもどうぞよろしく。

Crampton 伊藤陵太郎