2016年12月31日土曜日

夢の島を埋めに行く。

「2016年最後の日。毎年思うことといえば、一年あっという間だなあということ。これに尽きますねえ。2016年どうだったかなあ。バンドとしては、やっとスタートラインに立てた感じかなあ。四人になったCrampton。自主企画一本と MV一本。まあ、準備期間ということで。へへ。来年は行きますよ。行っちゃいますよ。まずアルバム作る。そしてツアー行く。これ絶対な。楽しみにしておいてね。やるぜー。やるぜー。やるぜー。おぬちゃん、アキト、リカコ、今年はどうもありがとう。来年もよろしくね。
今年出会ったむかつく奴、かわいい奴、優しい奴、大人な奴、すべての人に感謝するフリをして、2016年を終わりにします。
来年はあの娘と一緒に色々な処へ行くんだ。楽しいことだけ連れて行こうね。何処まで行けるか楽しみだよ。皆様、来年もCramptonをどうぞよろしく お願いしますね。それではまた。夢の島でお会いしましょう。さようなら。」

2016年12月29日木曜日

俺俺俺タナティブ。



「十二月二十八日(水) 晴れ。
久々に冬らしい気候で気持ちが良かった。若干寝すぎたけれど。洗濯をして、掃除をして、パソコンをいじいじ。少し自分が高尚な人種になれた気がした。彩り。炊きたてのご飯にレトルトのハヤシライスのルーをかけて食べたり、本を読んだりして。夕方近所のスタジオへ行き歌を録る。完全に歌のみ。恥ずかしい。ナイスアレンジ頼みます。最近はポール・マッカートニー風鼻歌作曲法でメロディーを集めている。なんだかどれもビートルズ風なのがちょっとアレだけども。良い曲は出来そうな気がしている。そういえば今更ながら、Apple Musicとやらに登録してみたのだけど、あれはやべえな。最新のアルバムなども聴けるんだもん。聴き手側からしたらあんなに便利なものはないよね。作り手側はちょっと参ったものだが。良くも悪くも時代は変わってしまったのだなあと思う。生き残れロックミュージック。いくら便利な世の中になっても、決してなくなってはいけないものがきっとあるはずだ。きっと、ね。
それにしてもクリープハイプが最高すぎてやべえ。かっけえなあ。ああ。悔しい。刺激的だよ。尾崎世界観。完。

まったく今日はとても楽しくて幸せな時間を過ごせてしまった。やっぱり人間笑っているときがいちばん幸せなのですね。あたりまえという幸せ、ってやつかあ。あっぱれ。こんな日々がずっと続くと良いな、と思う。生きていてよかった そんな夜が。あった。」

2016年12月27日火曜日

幸せなうたたね。

「あーあーオーレーはー心配性 心配性。もうヘローったら。いかんす、いかんすだよ。ふう。クリスマス終わったね。今年も明石家サンタは最高であった。笑った。あれ毎年何か送ろうと思うのだけど、目立った不幸が思いつかなくてねえ。まあ、幸せってことなのでしょう。うむ。ひああへえふ。
最近も色々とあったなあ。某・年会にて最新の空気清浄機貰ったり(加湿器付きだぜい)、北海道の友人りきまるが泊まりに来たり(Amazonプライムで一緒にドキュメンタル見てた)、滅多に行かない六本木で外人とじゃれあったり(ヤマモトマサ!ナカヨッカ!って単語を覚えさせた)、いじけあったり、にやついたり、基本的にはLOVEでしかない日々。






と、昨日ここまで書いてまた投げ出した。ぼーん。
此処にきて今年最大の自己嫌悪に陥って、ああこれはもう消えてしまいたい、と思ったほどの出来事(完全に自分のせい)があったけど、優しい天使のおかげで消えずに済んだ。ごめんなさいって何度も何度も思ったよ。もう本当俺ってばしっかりしなきゃ駄目でしょうが。このばかちんが。でも、もう大丈夫。もう大丈夫だよ。これからはずうっと君を笑わせてあげる。もう君以外愛せない、とはよく言ったもんだ。流石近畿。東京03の飯塚氏風に言うならば、『情緒がもう...』と言った感じだけどさ。まあ、繊細なもんで。てへ。ああ。もう何か感謝でしかないぞ。色々なことに。神様ほんとさんきゅーっすわ。こんな俺に生まれてきたことを誇りに思うぜ。さあ。温かいお風呂に入って脳みそ柔らかくしてこよう。本当ありがとうね。大好きよ。」                                     

2016年12月21日水曜日

丼レミ弾。

「ひとりぼっちのあいつ。またきたぞ。ビートルズ期が。研究なんぞする気は無いが、1stから順に聴き直している。歌を歌う者としては、ジョンとポールどちらも好きだけど、なんだかんだでやっぱりジョン・レノンに憧れちゃうかなあ。初期のAnna(Go To Him)のカヴァーとか









ここまで書いて投げ出した。ぽーん。今はReal Loveをひたすら聴いている。泣けてくるなあ。ビートルズかあ。人間。他人。好き。嫌い。僕にとってのあたりまえは、君にとってのあたりまえにはならないみたいで。気遣いだとか、優しさだとか。基準は人それぞれ違うってことみたいですね。大事なのは相手のことを想って行動する。ということなのでしょうかねえ。知らねえけど。そう考えるとやっぱりバンドってやつは凄い。他人だもの。結局は。それなのに一緒に曲を作って演奏して泣いて。もう馬鹿みたいに素晴らしいよ。もう。馬鹿みたい。東京は今日も相変わらずに、東京だった。天気が良くてとても気持ちが良かったよ。喜んでくれると良いなって気持ちだけで、歩いていた。馬鹿みたいに。最近は怒ってばかりで心が軋むなあ。思い出はファブリーズなんかじゃ消せねえよ。なあんて。」

2016年12月15日木曜日

尻・滅裂日記。

「カタカタカタ。むかむかむかむか。むっかー。ふう。寝ても寝ても眠い。んあー、生まれ変わったらぜってえショートスリーパーになってやる。だって寝ない人ってすてきやん。(中二的発想。)最近は何してたっけなあ。hotspringのワンマン行ったな。終演後に。ごめんね、間に合わなかった。また今度お邪魔させて下さい。んあー、あとは基本的に悶々としているなあ。つーか怒り。錨。感情が一方通行になるのがいちばん辛いのよ。どうしてわかってくれないの?という気持ちが怒りになるわけですが。あとは単純に頭悪い奴に対しての怒り。何度も同じ過ちを繰り返す奴に対しての怒り。(あ、これは俺もか。)憤りっつーか呆れるっつーか。ツーカーの携帯っつーか。あー、もう本当に馬鹿ばっか。馬鹿馬鹿馬鹿。あと馬鹿といえば酔っ払いね。お酒のんで良い気分になるのは最高だとは思うのです。ですが、自制心失ってわーわー暴れたりする奴。まじ馬鹿。そういう奴は大嫌いです。心から軽蔑の花束をお送り致します。まったく。・・・四時間経過。んあー、久々に筋トレしたらまじでしんどい。俺の細い上腕二頭筋が悲鳴をあげてやらあ。ふう。頭に血が上ってしもうた。糖分糖分。午後ティー午後ティー。午後ティー史上最高サマー。このキャッチコピーを知らない奴は帰れ。てくてく帰れ。てくてくテクノPOP、YMOだ。分かるかたこ焼き野郎め。頭の中で鳴っているイメージをカタチにする作業。これが中々むつかしい。0から1へ。それがすべて。そこから先は投げる。砲丸投げの如く。ぶん投げだ。理想のバンドはクリープハイプ。色々な意味で理想やねん。(関西弁。)へっへっへ。朝から晩まで。悶々としながら君を想う。怒ったり泣いたりしながらの幸せ探し。良い娘と行こう鎌倉幕府ってな感じで。今日も寒いがお気にの革ジャンがあれば無敵だ。お腹が空いたからそろそろおしまいにします。優勝おめでとう。優勝だけがすべて。音楽。音楽。そう。音楽。音楽。」

2016年12月12日月曜日

猫、捕まえた。




あー、東京ダイナマイト面白いなあ。
あー、かまいたち面白いなあ。
あー、千鳥面白いなあ。
あー、ナイツ面白いなあ。
あー、とろサーモン面白いなあ。
あー、桐谷健太面白いなあ。



あー、あー、あー、








昨晩は下北沢DaisyBarでライヴをしました。
「宇宙へ行った猫vol.1」
やったなあ。やった。やった。
自主企画ってやつを初めてやった。やっぱりいつもよりちょっぴり気合いが入りますよね。
出演してくれたLayne、Slimcat、teto、どうもありがとう。
刺激的でしたわ。色々と。
そして、何よりも集まってくれた皆さま本当にどうもありがとう。
素直に楽しかった。なんだかテンション上がっちゃった。わーわーなった。
良い感じの雰囲気作ってくれてありがとうね。
さんきゅー。さんきゅー。

いやあ。
なんだか本当に色々感謝ですわ。
お祝いのプレゼントくれた方々もありがとうね。嬉しかったあ。
君たちを何処までも連れていってやらあ。
一緒に楽しいこと沢山しようぜ。
これからもよろしくね。


終演後、tetoのボーカルのコイケくん(合ってるよね?)と少し話したのだけど、なんだか勝手にシンパシーを感じてしまったよ。ごめんね、勝手に。
まあ、「TODA」という共通の話題があったもんでねえ。
でも、彼の佇まいはかっけえわ。久々にああいうロックバンドって感じのフロントマンが出てきて、僕としてはとても刺激を受けましたわ。
また一緒にやりたいな。



いつか、デイジーバーで。










・・・








皆が帰ったあと、アキトとゆーすけと三人でお酒を飲んで語った。

人を愛するということはどういうことかについて。
嘘です。

人は何故生きるのだろうかという永遠のテーマについて。
嘘です。

男はどうしてブスが嫌いなのかという永遠のテーマについて。
…う、嘘です。

まあ、音楽の話ですよね。
ゆーすけが昨日のライヴ絶賛してくれた。それツイートしてよって言ったけど、絶対しないだろうから僕が代わりに書きました。
はっはっは。
もっともっと頑張りますね。
良い曲書くぞ。譜面書けないけど。
はっはっは。
ゆーすけ昨日はさんきゅー。








・・・








あ、でも少しだけショックなこともあったり。
まあ、別にどうでも良いのだけどさ。
バンド全然関係無い話ですし。
うーむ。
まったく了見の狭い男ですよ、僕は。
はあ。嫌だねえ。
神様どうしたら心に余裕が生まれるのでしょうか。
「心のどこかにお花を咲かせる そんな余裕が欲しいね」
なあんて。
ばーか。ばーか。くっだらねえ。
いや、嘘。


そんなことよりも僕は、我がベーシスト、アキトくんがこの日記のファンと聞いてとても嬉しいです。
アキトは本当に可愛い奴だぜ。
これからもぶいぶいベース弾いちゃってくれよ。
こちらもぶいぶい日記書くからさっ。てへ。
よろしくお願いします。



よっしゃ。
曲書くか。譜面書けないけど。
はっはっは。
やってやるって!(抱きしめるズ風)
今後暫くこればっかり言います。






それじゃあ。


また会いにきてね。


大好きよ。


さんきゅー。



2016/12/11(sun.) 下北沢DaisyBar


1.神様の嫌がらせ

2.花いろのネオン
3.レイニー・ムーン
4.はなえみ
5.すてきな亡霊
6.夜の魔物

En.さよならを云わせて

2016年12月10日土曜日

宇宙へ。

こんばんは。
いやあ。熱いお茶が美味しいですねえ。この季節になると急須で入れたお茶を飲みまくってます。
濃い~お茶が大好き。
お茶系男子なので、その辺りよろしく。



そんなことよりも、いよいよ明日です。
Crampton初の自主企画「宇宙へ行った猫Vol.1」
とてもとても楽しみだ。メンバーが揃ってやっと動き出せる。この日を待っていたよ。
タイトルに意味はあるのかと聞かれると、よくわからない。
だけど、宇宙へ行ってしまった猫を捕まえに行く旅のはなし。
そんなイメージかな。へへへ。

対バンも勢いあるバンドばかりでしょう。
全員歳下ですよ。はっはっは。
昔は対バン歳上ばかりだったから、ぜってーまけねーぶっとばす精神でやれたから楽だった。
しかし歳を重ねていつの間にか周りには歳下ばかりだ。
きっと三バンドともCrampton?知らねー関係ねー潰すー、くらいの勢いで来るでしょう。
とても良いと思います。こちらも全力でやってやらあ。
いくつ歳を重ねてもぜってー負けねーって思いは変わらないね。
三バンドとも明日はよろしくお願いします。

そうそう、明日のライヴからトートバッグとバッヂも販売します。
とても可愛いデザインになっているから、是非買って、街で見せつけてやってね。
僕も毎日使います。

いやあ。楽しみだぜえ。
わくわく。わくわく。わくわく。
皆ぜったい来てね。一緒に遊ぼ。

2016/12/11(日) 下北沢DaisyBar
「宇宙へ行った猫 vol.1」
-出演-
Crampton
Slimcat
teto
Layne
Open18:00/Start18:30
前売¥2500(D別)





あ、そういえば、はなえみのMVは見てくれたでしょうか。
今回はリカコ監督の指示の下、我々頑張りました。
ディレクターの航平くんを始め、協力して頂いた多くの方々本当にどうもありがとうございました。
とても良い作品になりました。
いっぱい見て欲しいな。
よろしくね。


Crampton「はなえみ」






よおし。
今日はゆっくりお風呂に入ってお茶を飲んで寝よう。
明日は本当に楽しもうね。
やってやらあああああ。

Crampton!どうぞよろしく!

2016年12月5日月曜日

しあわせの匂い 抱きしめて眠る。

「十二月三日(日) 晴れ。
日曜日。ずっと家に居た。M-1見たよ。面白かったなあ。笑った。笑った。やっぱりお笑いは良いなあ。かっけえ。夜ご飯はチキンライス作った。まあまあな味。チキンライスといえば、クリスマスだよね。あの曲は素晴らしいよね。泣けちゃう。今年のクリスマスは街はどんな色になるのかな。恋人と過ごす人や、一人で過ごす人。どんな人たちも少しは幸せなきもちになれると良いね。ああ。こんな時間にとてもお腹が空いてきた。お茶漬けを食べます。へへへ。ああ。長電話したら耳が痛いや。はあ。女々しい奴には困っちゃうね。まったく。人間ってやつは面倒くせえ。面倒くせえよ。でもだからこそ愛しいし、人間以外の生き物たちもどうせ面倒くせえよ。きっと。わたしも鳥になって自由に空を飛びたい、とか言う奴いるけど、鳥ならば自由だと思うなよ。鳥だって鳥関係の悩みはぜったいにあるはずだ。領域もあるだろうし、全然自由なんかじゃねえ。ああ。むかつくぜ。まったく。永遠はロックンロールと君だけさ。ってね。スパルタローカルズ復活嬉しい。大好きさロックとハニー。うん。きっとうまくいくよ。」

2016年12月2日金曜日

君の冷えた髪を とかす愛のうた。

「十二月一日(木) 晴れ。
家で一日中革ジャンを着て過ごした。なんだかそういう気分だった。ノートを取り出して溜まってしまっていた日記を書いたり、曲のアレンジを考えたり、歌詞を書いたりした。お昼に我ながら美味しい炒飯を作って食べた。炒飯はとても好きだ。先日、知人からおすすめのお店を教えてもらい早速食べに行ったところ、全然美味しくなかった。炒飯ならぬ醤油飯だった。でも、おすすめのお店教えてくれてありがとうございます。またよろしくお願いします。ああ。実はここ最近たくさん書きたいことがあったんだ。でもどれも仕舞ってしまった。色々なことがあったけれど、どれも悪いことではなかったとは思う。皆本気で人生を生きているのだろうから、それをああだこうだ悪く言うことは出来ない。その人が決めたこと。応援します。人には色々な生き方、考え方があるからね。柔軟に物事を捉えることが出来る人もいれば、僕みたいに頑固でカチカチの考え方しか出来ない人もいる。どちらが得で、どちらが損とかそんなことは知らない。好きなように生きていけば良いと思う。楽しく過ごせれば何だって良いよね。うん。柄にもなくウイスキーを飲みながら、この文章を書いています。ストレートでちびちびと。全然美味しいと思わないのに馬鹿みたいだね。心の狭さはお酒なんかじゃ解決してくれないや。あ。別に病んでなんかいないよ。だっていまとても幸せだもの。幸せすぎていまずっと相対性理論を聴いているくらいです。ああ。良いね。好きだよとても。素晴らしい。幸せって、朝起きたときに元気かなって心配することこそが幸せなのではないのかな、って思ったり。思わなかったり。僕はマイナスターズ信者なので、やはり心配性なのです。でも、もう余計なことは言わないと決めた。心の中で思っていれば良いことってたくさんあるのね。あ。ここに書いちゃ意味ないか。ははは。わかってほしいとわかってあげたいの間で人は生きていると。そういうことにしましょう。ね。そうしましょう。きっとまた朝になれば思い出す。 胸に咲いたシオンの 淡い蜜の味 君の香りがして こころは揺れる。 おやすみ。元気でね。」